IPO申し込みのコツ

IPOを申し込み、評判の良い株式銘柄を掴み取るためには効率的な申し込みの方法を知っているべきなのです。こちらでは初心者でも簡単に始められるコツを伝授したいと思っていますので参考にしてください。

IPO銘柄の株券取得方法・・幹事証券への申込み

IPOはどのような手順で行われているのでしょうか?証券市場に上場を希望する場合、最初に主幹事証券が選定されます。
そして、その幹事証券のアドバイスに従い、種々の手続きが行われます。
そして、上場基準がみたされるような状態になると、幹事証券を通じて証券取引所に上場審査の審査請求をします。
審査請求により審査が行われ、証券取引所が上場を認めて初めてIPOが行われます。
その際、市場には株券が存在しませんから、上場前に一般投資家への売り出しが行われます。
それがIPO銘柄の公募となります。
公募によって売り出される株数は限定されていますから、主幹事の証券会社もしくは幹事証券会社に申込みをします。
公募でよって売り出される株数に対して申込みの株数が多い場合に抽選が行われて、株券の割り当てを最終的に決定します。
そのため、抽選に当たりやすいかどうかは、売り出される株数と申込みの株数から判断するしかありません。
引き受け主幹事の証券会社が委託される株数が一番多いのですが、その分顧客も多いうえ、証券会社の戦略上公平な抽選が行われるとは限りません。
証券会社にとってメリットの大きい顧客に対して優遇措置がとられるのは当然の事ですから、その意味からはネット証券から申込みを行う方が、公平な抽選が行われる可能性が高いと言えます。
しかし、あくまで売り出し株数のシェアは主幹事が握っていますから、人気の高いIPO銘柄の当選確率は、主幹事以外では低くなるという事になります。
そのためには、色々な証券会社に口座を設立し、公募の申込みを行う事が大切です。
1社に絞るのではなく複数の証券会社から申込みを行い、抽選で当たる確立をあげる事が必要です。

■最近人気の出てきたニーサについてはこちら
ニーサ(NISA).COM

■株価変動がわかりにくいと思う方はこちら
株価が気になるなら”注目株ナビ”

■IPOのことならこちら
IPO初値予想

■自己流では自信がないのならこちら
評判が良い投資顧問はどこ?